多くの専門家に依頼するべきではない

遺産相続のときには通常相続税などの税金に関しては税理士に相談士、遺産相続でもめごとが起こったら弁護士、不動産の名義変更などは司法書士に相談する人が多いでしょう。しかし、依頼するたびにお金が必要になってしまうことは知っていると思います。そんなときには多数の専門家に相談するのと、1人に絞って相談するのとどちらがよいのでしょうか。
もちろん1人に依頼した方が料金は安くて済むのですが、1人の専門家が遺産相続に関して全て相談できるのかというと、そのようなわけにはいきません。税金の支払いは税理士でなければいけませんし、裁判を行うときには弁護士でなければいけませんが、税金の支払いは、一定の遺産があれば避けて通ることはできないのです。
それに対して裁判は避けようと思えば避けられますので、遺産相続のときに依頼する専門家は税理士1人に絞っておくとよいでしょう。税理士によっては遺言書や不動産に関することを相談できる場合もあるので、税理士であれば1人に依頼するだけで遺産相続ができるのです。

税理士の報酬は主に3点で決まる

遺産相続のときに世話になることが多い税理士ですが、税理士の報酬はどのようにして決まっているのか知っているでしょうか。税理士の報酬を理解することによって、報酬だけで税理士を選んではいけないということがわかります。主な3点というのは投入するのにかかる時間、業務がどれだけ難しいか、責任の重大さとなっています。
より問題が難しく、時間がかかってしまうほど報酬が高くなるのです。遺産相続の場合には家族同士や身内同士での争いが起こる可能性が高く、申告までにかなりの日数を必要とするので、どうしても税理士の報酬が高くなってしまいます。
だからできる限り報酬の安い税理士を選ぼうとするのですが、税理士の報酬にも当然平均的な金額が存在しています。物にも相場があるように、税理士の報酬にも相場があるので、相場より高すぎてもいけませんが、安すぎてもいけません。商品もあまり安い場合には粗悪品が多いように、税理士の報酬も明らかに安い場合には、しっかりとした知識を持っていないことが多いのです。

優先的に相続できる法定相続人

遺産相続というのは身内同士でもめごとが起こってしまう可能性が高いので、税理士だけではなく弁護士にも力を借りる必要が出てくる可能性もあるのですが、遺産相続をするときには優先して誰が相続を行えるのかが決まっています。また、近年では遺言書を残さないという人も多いので、遺言書がなくても誰が優先して相続をするべきなのかが決まっています。
このように被相続人が死亡したときに、優先的に相続する権利を持っている人を法定相続人と呼んでいるのですが、法定相続人は被相続人の子供、兄弟、配偶者となっています。これだけでは誰が優先的に相続できるのかが不明確なのですが、もちろん優先順位もきちんと決められています。
最も優先して相続できるのが子供であり、次が配偶者、その次が兄弟となっています。また、相続できる割合もしっかりと決められているのですが、これを法定相続分と呼んでいます。こういった専門的なことは弁護士に聞くべきですが、税理士でも詳しい人であれば丁寧に教えてくれるでしょう。

不動産が一番厄介

遺産相続のときに相続税の支払いが発生する人の多くが不動産を所持している場合です。賃貸住宅に住んでいる人は、おそらく相続税の支払い義務はない場合が多いでしょう。それに対して自宅を持っている人、会社を経営している人、商売を行っている人の大半は相続税の支払い義務が発生します。
会社経営や個人で商店を持っている人の中には、職場を借りているのではなく、自分の所持している不動産物件となっている場合もあるので、このような人もやはり相続税の支払い義務が発生します。しかも不動産というのは細かい規定がかなり多くあるので、理解できない人が多くなっているのです。
だからこそ不動産物件を持っている人の多くは税理士に依頼して、相続税の支払いを行う手助けをしてもらっているのですが、税理士の力量によって相続税額が変わってしまいます。これは不動産が関係している場合がほとんどなので、できる限り不動産に関する税金に詳しい税理士に依頼するということも重要なので覚えておきましょう。

相続税申告を税理士に相談することについて

税理士

死後にトラブルのが遺産相続

死は誰にも平等に訪れます。そして、1人の人の死は多くの悲しみと問題を引き起こします。ですから少しでもその悲しみを和らげるためにも、前もって死を予測して準備しておくことは非常に大切です。人の死を予測して準備するなんて、と思われるかもしれません。

しかし、人の死をきっかけに数多くのトラブルを抱える方がよっぽど人にストレスを与えます。さて、ドラマなどでもよくストーリーとして取り上げられるのが、遺産に関する問題です。

相続税申告と税理士

遺産とか相続という言葉を聞くだけで、何となく重い気持ちになるかもしれません。ただ、実際問題として人が亡くなる時にその人の所有物が遺されることになるわけですから、遺産相続に関した問題をきちんと話し合っておくことは重要です。

人の死の間際に周りにいる人は、冷静な判断や冷静な話し合いをするの難しくなります。そいういうこともあり、前もって話し合っておくことは重要なのです。さて、実際に人が亡くなるとしなければいけないことは、遺産分割と相続税申告です。

もちろん、これらを一般の人が行うことができないわけではありませんが、かなり複雑な仕事をしなければなりません。相続税の申告について考えると、人が亡くなってから10ヶ月以内に相続税を計算し税務署に申告する必要があります。

相続税理士に相談して、手続きを進めます。相続税申告は税理士に任せるのが一般的です。

一般の人が計算することも出来なくはありませんが、かなり複雑なため、よほど時間がある人、そして計算が好きな人でなければ難しいでしょう。でも、税理士に任せるとそれだけでまたお金がかなりかかるのでは、と心配される方もいるでしょう。

税理士の報酬は税理士会で決めている基準がありますのでその点は心配する必要はありません。税理士事務所ではこうした質問に対して答えてくれるはずです。もし、知り合いや近所に税理士事務所があるようであれば、気軽に聞いてみると良いでしょう。実際に相続の問題で仕事をお願いした時にはどれくらいの費用がかかるものなのか、大まかに聞いてみることもできます。サイトを参考にして相談しても大丈夫です。

相続税も還付されることがある

所得税が還付されるということは多くの人が知っているのですが、実は遺産相続の際に支払いが発生する相続税も還付されることがあるのです。もちろん相続税を還付してもらうには条件があるのですが、一般の人ではどのような条件を満たせば納めた相続税が還付されるのかはわからないでしょう。
そんなときにはやはり税理士に相談するのが一般的なのですが、相続税が戻ってくる方法というのは、納めた税金を見直すことなのです。ちなみに相続税を納めた日から5年以内に見直しをしないと還付してもらえないので注意しないといけません。1年以内であれば請求という形を取り、1年以上3年以内であれば申し出を行います。
3年以上経過して、5年以内の場合には、還付嘆願という形で税務署長にお願いするようになりますが、詳しい内容は税理士に聞いて指示をもらうようにしましょう。もちろん相続税を還付するためにはいろいろと手順通りに進めていく必要があるので、より知識が豊富で信頼できる税理士に依頼しないといけません。

税理士は不動産の売買や贈与も行える

遺産相続に関する問題点を相談する場合には弁護士に依頼する人が多いでしょうが、中には税理士でも対応してくれる場合があります。例えば不動産の売買や贈与に関しての相談であれば、税理士でも対応してくれることが多いので、税理士に依頼しても問題ありません。
例えば借金と一緒に不動産物件も引き継いだけれど、これからどうしていけばよいのかわからない、遺産相続で受け継いだ不動産物件を売却したいなど、このような場合であれば、税理士でも相談に応じてくれるのです。なぜこのような問題に対して税理士が相談に応じてくれるのかとうと、不動産の売買を行うことで、税金の支払い義務が発生するからです。
しかも現在は不景気で遺産相続をするときに相続税が支払えず売却を考えてしまう人もいますし、このようなときには税金がいくらぐらい発生するのかわからないという人も多くなっています。よって税理士に相談すれば、遺産相続で受け継いだ不動産物件をこのままにするべきなのか、売却するべきなのかのアドバイスをしてもらえるのです。

税理士は不動産交換の手伝いも可能

遺産相続を行うときには数多くの問題点が出てくるので、税理士だけではなく弁護士にも依頼する人が多くなっています。しかし、中には税理士でも対応してくれる問題があるので、まずはどのような問題であれば税理士が応じてくれるのかを知っておくべきでしょう。そこでどのような問題なら応じてくれるのかをみてみると、不動産交換の手伝いならば対応が可能です。
不動産交換というのは、親族同士が共有して使用している土地を単独保有という形にしたい場合、もしくは親族同士の土地を交換したい場合など、土地の分割や併合、所有者の変更などを不動産交換と呼んでいます。このような不動産交換は、相続税対策の一環としても行われているので、税理士でも対応が可能なのです。
現在でも多くの土地を保有している家族がいるので、このような問題が発生する可能性も十分ありますし、遺産相続の対策として行う場合もあるので、やはり後になってからトラブルに発展しないためには、税理士に相談をして対策を講じてもらう必要があります。

事業継承の手伝いもできる

遺産相続の際に行うべきことは、資産を身内に分け与えることや、相続税を支払うことだけではなく、事業を行っていれば誰に跡を継がせるのかという点も大切になってきます。通常は自分の子供に継がせることが多いのですが、自分の子供では会社の経営は不可能ではと考えてしまうことや、本人が継ぎたくないと言っている場合もあるでしょう。
通常このような事業の跡継ぎ問題は弁護士に依頼するという人も多いでしょうが、実際には税理士でも対応してくれる場合が多くなっています。ただし、相続人の候補者が何人かいて、もめているような場合には当然弁護士に相談するべきでしょうが、株価の算定や贈与の契約書作成、納税に関しては税理士に相談するのが一般的です。
基本的には自社の株に関することや納税に関することを担当しているのが税理士なので、まずはどのようなサポートが受けられるのかをしっかりと相談してみましょう。遺産相続の際には必ず税理士の世話にはなるので、無駄な費用を使わないようにするためにも、税理士ができる分に関しては全て任せてしまうべきです。

遺言書は生前に作成しておく

遺産相続で問題を起こさないようにする最善の方法が遺言書なのですが、遺言書はトラブルを防止するために必ず生前に書いておくべきでしょう。しかし、遺言書の書き方や、本当に効果があるのかということまではわからないという人も多いと思います。このようなときにも税理士に相談できるのでしょうか。
実際遺言書の書き方や法律的なことは、税理士ではなく弁護士に相談するべきなのですが、税理士でも相談に応じてくれる場合があります。しかも相続税に関しても気になるという人が多いでしょうから、遺言書の件と合わせて税金のことも税理士に相談しておくのがおすすめです。
そこで重要になってくるのは税理士の探し方なのですが、現在ではホームページを見て決めるという方法が可能なので、まずは税理士のホームページを検索し、遺産相続に関して詳しいのか、評判は悪くないのか、遺言書に関して相談に乗ってくれるのかを確認してから選ぶようにしましょう。そして相談する前には必ずメールで問い合わせや資料請求を行うべきです。